プリザーブドフラワーを水場に飾るときは?

プリザーブドフラワーはお手入れなどをほとんど必要としない、新しいお花のアレンジメントとして徐々に人気が出てきているそうです。しかしプリザーブドフラワーの弱点に、湿気に弱いという点があります。これはお花を一度加工するときに、人工的に染色していることなどが理由だそうです。


プリザーブドフラワーを洗面所に飾りたい

しかし色も質感もほとんど、本物のお花に近づいているので殺風景となりやすい洗面所、トイレなどのアクセントに使いたいという人も多いようです。ぬれやすい、湿気もこもりやすい場所になってしまいますから、飾るのであれば、お花をそのまま出しておくよりも、ケースなどに入っているアレンジメントを選ぶことをおすすめします。ケースがない場合にはアクリルケースなどを買ってきてもいいでしょう。


100円ショップのもので鮮やかに

ケースに入れることで、プリザーブドフラワーは湿気から守られることになるので、より長い期間、そのお花を楽しむことができるそうです。また、掃除もケースのほこりを拭えばいいので、楽になりますよね。ケースがさみしいときは100円ショップなどのラインストーンなどネイルアートグッズを使うと、キラキラしたケースになるそうです。値段も安いのではがせるようにすれば季節のケースアレンジも可能ですね。