プリザーブドフラワーの管理の仕方は?

生花の場合はお水を毎日あげたり、日光に当ててあげたりしますよね?
ですが、プリザーブドフラワーはお水を与えてしまうと脱色してしまうし、日光に当ててしまうと劣化してしまいます。
基本的に涼しい水気のない場所で保管してあげることになるので、ちょっとしたスペースなどにも飾ることが出来ます。
ホコリなどがついてしまわぬよう、透明なケースに入れてあげると長持ちすると言われているので、入れてあげて。


<プリザーブドフラワーだって生きている>

こちらもまた生花と同じように生きている物ですから、生花と同じよう丁寧に扱ってあげるようにして下さいね。
もし、プリザーブドフラワーの花びらにホコリなどがついてしまった時は、柔らかい素材のもので優しく払う事。
手で触ってしまうと花びらが傷んでしまいますから、柔らかいハンカチやタオルでそっと取り除いてあげて下さいね。
樹木医のように、毎日話しかけてあげるとお花も嬉しいかもしれませんね。


<ネットで調べてみよう>

今では色々な種類のお花が出てきているから、ネットから調べてみるのもいいですよ。
こんなデザインのプリザーブドフラワーが出てきているとかチェックしておけば、誰かへ贈るときの参考になります。
最近は男性に贈っている人も増えてきているみたいなので、男性に贈るプリザーブドフラワーを検索してみるのも◎。