プリザーブドフラワーのアレンジを選ぼう

プリザーブドフラワーは加工されている、ドライフラワーや一般的な造花とは違う種類のお花。上手に飾る場所を整えてあげれば数年同じきれいな姿のままお部屋を彩ってくれます。
贈り物のお花としてはとても向いているといえます。贈った相手に長く楽しんでもらえますし、お相手の水やりや水替えなどの手間を取らせないためお互いに気を使うこともないですよね。
まだまだ歴史も浅く加工できるお花の種類は多いとは言えませんが、これから需要が増すにつれて作れる花の数も多くなっていくでしょう。


プリザーブドフラワーのアレンジの幅は広い

一口にプリザーブドフラワーといっても、そのアレンジ方法によって見た目は大きく変わります。一般的な花瓶にお花を挿すタイプのアレンジから、ボックスに入っているもの、
絵画のようなフレームに花が収まっているものもあり、中には食べることはできませんが、ケーキの上にデコレーションとして置かれているものもあり、アレンジの幅の広さを感じることができると思います。
誕生日ならケーキ型のアレンジがぴったりでしょうし、結婚式ならブーケのアレンジを選ぶこともできますから、その状況に合わせたアレンジを選ぶことができますよ。