プリザーブドフラワーって何色があるの?

生花にはない色があるとよく聞きますが、どんな色があるのか気になっている人もいるのでは?
プリザーブドフラワーは、色鉛筆にある色があるので好きなものを探すことが出来るようになっています。
お店検索をするよりも、色で検索をした方が見つけやすいと思いますので、相手によって検索の方法を変えてみて。
例えば、男性にプリザーブドフラワーを贈るなら青い花や、女性の場合ならピンクや赤で探すのがいいかもしれません。


<プリザーブドフラワーは鼻の種類も豊富>

バラやカーネーションなどを扱っているお店が多いですが、中にはひまわりやチューリップを扱っているお店もあります。
また、ユリやカサブランカを扱っているお店もあるので、購入する前には花と色で検索してみるのがいいかもしれません。
生花と違って花粉が無いので、花粉症だと言う人にも安心して贈ることが出来るようになっていますよ。
お花の種類も色の種類も豊富だと、本当に嬉しいですし素敵なものを見つけやすくていいですよね。


<ケースに入れて保管する>

生花の場合はあまりないと思いますが、プリザーブドフラワーは出して飾って置く時間が長いのでホコリが心配。
もし、ホコリがついてしまった時は、柔らかい素材のものでそっと払ってあげるのがいいと言われています。
でも、一番いいのは透明ケースの中に入れて飾ってあげることみたいなので、ぜひそうしてみて下さいね。