通販で人気のプリザーブドフラワーを上司に贈ろう

お世話になった上司へ向けてお花を用意する機会は実は思っている以上にあるものです。
そんなときに選ばれることが多いフラワーギフトはブーケですが、飲み会などで渡すと少しかさばってしまったり家に帰ってからの処理に手間がかかってしまったりと、届けたい気持ちとは裏腹に面倒をかけてしまうということも珍しくありません。
しかし出来れば見た目の華やかなフラワーギフトを贈りたいですよね。
そこでおすすめなのが巷で人気が高まってきているフラワーギフトのプリザーブドフラワーです。
上司へのプレゼントにプリザーブドフラワーがおすすめの理由と通販で購入できる人気のアレンジメントを合わせてご紹介します。

プリザーブドフラワーは上司が贈られて嬉しいフラワーギフト

プリザーブドフラワーは専用の薬剤を使用して生花を長く保存できるようにしたフラワーギフトです。
とは言っても造花やドライフラワーとは違い見た目は生花のときのまま、みずみずしく美しい姿をしているのが大きな特徴です。

上司にもおすすめのプリザはこちら

生花の見た目のままなのにも関わらず生花のように枯れてしまうことがないので魔法のお花とも呼ばれています。

アレンジが自由にできる

生花には水や鉢などがどうしても必要になってきますよね。
そのためアレンジメントにもある程度制限があったのですがプリザーブドフラワーはそれらが無くとも大丈夫なので、より柔軟性が高く自由なアレンジをほどこすことが出来ます。
今までのフラワーギフトの定番であった花瓶や鉢を使ったデザインに限らないので、フラワーギフトのイメージをひっくり返すような斬新な商品もあります。
専門の通販ショップではプリザーブドフラワーアレンジメントの資格を持ったスタッフが制作を行っているので、上司のような目上の方に贈っても満足していただける商品ばかりです。

圧倒的に手間がかからない

冒頭でもお伝えしましたが生花のブーケは持ち運ぶときに気を使ったり、家へ持ち帰ったあとに花瓶に入れ枯れてしまったら処理する、というように結構手間がかかってしまうものです。
特に単身の男性の上司の場合だと家に花瓶を持っていないということも十分にありえます。
せっかく綺麗なフラワーギフトでもそれを長く楽しめないのはもったいないですよね。
しかしプリザーブドフラワーは生花のように水や鉢がいらないのでその心配はありません。
贈られたそのままの姿で飾っておくことが出来る手軽さは人気の理由のひとつになっています。
また重さ自体も軽く作られているので持ち運びのときにも負担がなく安心です。
通販ショップでは手提げ袋などを付けてくれるので是非頼んでおくと良いでしょう。

通販で人気の商品は上司受けも◎

では上司へ贈るプリザーブドフラワーはどのように決めたら良いのでしょうか?
通販で人気を集めている商品から特に上司へのプレゼントにぴったりのアレンジメントをいくつかご紹介していきます。

定番のポットデザインは外せない

フラワーギフトらしい花器のポットデザインはプリザーブドフラワーで作っても見た目は変わらないので定番の人気商品になっています。
言われるまでプリザだと気が付かなかったと言う方も多いですよ。
定番の商品だからこそちょっとこだわりのあるアレンジメントを選びたいところです。
例えばプリザーブドフラワーの数がなるべく多いものを選んでみたり、ガラスや陶磁器製の花器のものにしてみたりと、応用のきくデザインだからこそ注目するポイントは多くあります。
通販ショップではそれぞれこだわりのあるポットデザインを展開しているので迷ってしまったときは電話やメールなどで問い合わせてみても良いでしょう。

ケースに入ったアレンジメントはプリザ初心者にも長持ちさせられる

プリザーブドフラワーのアレンジメントの中でポットデザインに続き定番化しているのがケースデザインです。
厚みのある額縁のような見た目の花器にぎゅっとプリザが敷き詰められガラスで蓋をしたアレンジメントなので、プリザーブドフラワーの大敵であるホコリや湿気からお花を守り長持ちしやすくしてくれます。
飾るときもいかにもお花といった雰囲気ではないので男性の部屋でも違和感なく馴染んでくれるでしょう。
ケースの中にプリザと一緒にテディベアを入れている商品も人気が高いですよ。
通販ショップで購入してから宅配便で配送してもらうときにも事故が起こりづらいところも嬉しいですよね。
もし遠方などに住んでいて手渡しが難しい場合でも安心して配送してもらえます。
その場合はメッセージカードなどを添えておくのが良いでしょう。
感謝の気持ちをこもったメッセージと一緒ならばより嬉しいプレゼントとして印象に残ること間違いなしです。
メッセージカードはプリザーブドフラワーの専門通販ショップであればどこの店舗でも用意してあるので、注文するときに一緒に追加してもらうようにしましょう。
手書きに自信がないという場合は代筆サービスを利用してくださいね。